本文へスキップ

遊機械オフィスは、高泉淳子が主催する企画制作事務所です。

遊機械へのお問い合わせ

遊機械オフィスは、高泉淳子が主宰する演劇・音楽事務所です。

遊機械オフィスは、高泉淳子が主催する企画制作事務所です。
高泉淳子
役者、劇作家、演出家。早稲田大学卒業後 1983 年に劇団「遊◎機械/ 全自動シアター」を結成。
少年少女から老人まで様々な人物を演じ人気を得る。2002 年の劇団解散まで作品の劇作を務める。
1989 年からレストランの話を舞台にしてジャズの生演奏と伴に繰り広げる『アラカルト』は、芝居と音楽の新しいスタイルの作品として話題を呼び、25 年の大ロングランとなる。
2004 年村上春樹の短編を舞台化した「エレファント・バニッシュ」のニューヨーク、パリ、ロンドン公演で世界的評価を得る。
2008 年からイラストレーター・宇野亜喜良の美術で “ 大人の寓話” を劇作、演出。2009 年由紀さおり40 周年のステージを構成演出し、音楽界でも話題になる。定期的にジャズライブを企画。1991年『ラ・ヴィータ』で文化庁芸術祭賞受賞。2013 年、舞台『ホロヴィッツとの対話』( 三谷幸喜作演出)と『ア・ラ・カルト2』で、第 21 回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。

news新着情報

  • ビッグイシューというストリートマガジン、ご存知ですか。ホームレスの仕事をつくり自立を応援する事業としてロンドンで生まれました。
    全国各地120ヶ所の路上で販売されてるんだそうです。350円の雑誌を販売者に10冊無料で提供。完売すると3500 円の収入。以降は1冊180円の収入というシステム。

    この9月で創刊15周年。巻頭ページのリレーインタビュー[私の分岐点]
    宇野亜喜良さんからの紹介でわたしに。この雑誌、チャリティとかではなく、読みものとして、雑誌としての面白さがあります。今回の創刊15周年記念号、7人の作家のホームをめぐる7つのショートストーリー、面白いです。わたしから高橋源一郎さんにリレーしました。これを機会に駅で見かけたら、購入して一度読んでみてください。



  • ドラマスペシャル 「家政婦は見た!
    2015年12月5日 テレビ朝日 (http://www.tv-asahi.co.jp/kaseifuwamita2/
  • 朝日新聞 夕刊に記事が掲載されました(2015-09-03)
    三谷幸喜のありふれた生活 767回
    (記事の詳細はこちらをクリックしてください。
    朝日新聞http://www.asahi.com/
  • 大崎タイムスに記事が掲載されました(2015-08-29)
    ちほう創生新時代を紡ぐ 26回
    記事の詳細はこちらをクリックしてください。
    大崎タイムスhttp://www.osakitimes.com/R/index2.html

Eventイベント情報

高泉淳子 プロフィール

高泉淳子プロフィール




高泉淳子プロフィール

たかいずみ あつこ
AKAIZUMI ATSUKO
役者・劇作家・演出家
宮城県大崎市出身
→高泉淳子プロフィール詳細へ


Facebook