本文へスキップ

遊機械オフィスは、高泉淳子が主宰する演劇・音楽事務所です。

遊機械へのお問い合わせ

    高泉淳子プロフィールprofile.

高泉淳子 プロフィール

【略歴】

<略歴>
 宮城県出身。早稲田大学社会科学部卒。在学時、早稲田大学演劇研究
会に在籍。卒業後'83年に遊◎機械/全自動シアターを結成し、少年、少女
から、老人、老婆にいたるまで、あらゆる人物を演じる役者として人気を得る。
舞台の本も手がけ、時間、記憶、家族をテーマにした、『大人の寓話』には、
定評がある。また、演劇の中にジャズを取り入れた作品も多く、音楽界から
も注目される。‘89年からレストランの話を舞台にしてジャズの生演奏と伴に繰
り広げる『アラカルト』は、芝居と音楽の新しいスタイルの作品として話題を呼び、2014年こどもの城閉館まで26年の大ロングランとなる。
’04年村上春樹の短編を舞台化した「エレファント・バニッシュ」のニューヨーク,パリ、ロンドン公演で世界的評価を得る。‘08年 劇団解散後、タカイズミプロジェクトを立ち上げ、イラストレーターの宇野亜喜良の美術で「大人の寓話」を企画、作、演出、出演している。‘09年には由紀さおりの40周年記念『いきる』の新しい
ステージングの構成・演出が話題になる。‘11年に沢田研二主演の『探偵』で相手役に抜擢され全国ツアー。‘12年フジテレビ連続ドラマ『主に泣いてます』のトキばあ役で15人のキャラクターを演じ分け旋風を巻き起こす。‘13年2月パルコ40周年三谷幸喜書き下ろし『ホロビッツとの対話』で渡部謙と共演。ホロヴィッツの妻役ワンダを演じ高く評価され、読売演劇大賞優秀女優賞受賞。
1991年「ラ・ヴィータ」で文化庁芸術祭賞受賞。
2009年「アラカルト」でスポニチ芸術優秀賞受賞。
著書に、『昭和演劇大全集』、『高泉淳子仕事録』、『アンゴスチュラビターズな君へ』、『ラ・ヴィータ』、『メランコリーベイビー』、等がある。

【受賞】

「ラ・ヴィータ」 (1991年度/文化庁芸術祭賞)
「ア・ラ・カルト」 (2009年度/スポニチ芸術大賞)
「ホロヴィッツとの対話」「ア・ラ・カルト2」 (2013年度/第21回読売演劇大賞優秀女優賞)

【著書】

「昭和演劇大全集」('12/平凡社)
「高泉淳子 仕事録」('07/河出書房新社)
「アンゴスチュラ・ビターズな君へ」('08/平凡社)
「ラ・ヴィータ」(’94/ペヨトル工房)
「メランコリーベイビー」('2000/工作舎)
「ライフレッスン」('96/モーニングデスク)
「モンタージュ、はじまりの記憶」('92/白水社)

【舞台】

※遊◎機械/全自動シアター 代表作品
1986年~1994年:「僕の時間の深呼吸」(台本・出演)
1990年・1996年:「ムーンライト」(作・出演)
1991年・1994・2001年:「ラ・ヴィータ」(作・出演)
1993年・1996・1997年:「ライフレッスン」(作・出演)
1993年・1997年:「オーマイパパ」(作・出演)
1995年:「独りの国のアリス」(作・出演)
1997年:「こわれた玩具」(作・出演)
1998年・2001年:「食卓の木の下で」(作・出演)
2000年:「メランコリー・ベイビー」(作・出演)
2002年:「クラブ・オブ・アリス」(作・出演) 他多数

※遊機械プロデュース作品/タカイズミプロジェクト作品
1991年・1992年「モンタージュ」 (作・出演)
1991年~「きまぐれJazz倶楽部」 「カメレオンジャジカルショー」 「シークレット・クラブ」
2008年:「Over The Rainbow ~アリス的不完全穴ぼこ墜落論~」(高泉淳子作・演出・出演、宇野亜喜良 美術・衣装/青山円形劇場)
2009年:「Second Lesson ~カエルの王子が導く超個人的恋愛作法~」(高泉淳子作・演出・出演、宇野亜喜良 美術・衣装/青山円形劇場)
2010年:『僕の時間の深呼吸〜21世紀バージョン~』(高泉淳子作・演出・出演、宇野亜喜良 美術・衣装/青山円形劇場)

※外部 出演作品
1989年: 利賀フェスティバル〝ザ・チェーホフ〟「桜の園」主演(鈴木忠志演出)
1989年~2008年:青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト」主演・台本担当(青山円形劇場ほか)
2008年~2013年:青山円形劇場プロデュース「ア・ラ・カルト2」主演・台本担当(青山円形劇場ほか)
1992年:アートスフィアオープニング記念「変身」 出演 (スティーブン・バーコフ演出)
1994年:「ラストチャンスキャバレー」 出演・日本上演台本担当 (白井晃演出/シアターコクーンほか)
2004年:「ユーリンタウン」 出演 (宮本亜門演出/日生劇場ほか)
2003年~2004年: 「エレファント・バニッシュ」 出演 (サイモン・マクバーニー演出/東京・ニューヨーク・ロンドン・パリ)
2007年:「ティンゲル グリム」 出演/共同台本 (串田和美演出/東京・にしすがも創造舎、松本・まつもと市民芸術館)
2009年:「由紀さおり40周年記念『いきる』 台本・構成・演出・出演 (東京フォーラムほか)
2011年:「沢田研二主演『探偵〜悲しきチェイサー〜』 出演(マキノノゾミ作・演出/紀伊國屋サザンシアター他全国ツアー)
2013年:「パルコ40周年記念公演『ホロビッツとの対話』 出演(三谷幸喜作・演出/渋谷パルコ劇場/大阪BRABA)
2015年:『空中キャバレー』 出演(串田和美 構成・演出)松本市民芸術館

【テレビ】

「週刊ブックレビュー」レギュラー司会('01.4月~'03.3月/NHK-BS)
「昭和演劇大全集」レギュラー司会(’07.4月~’09.3月/NHK-BS) 
「週刊こどもニュース」おかあさん役レギュラー出演('97~'99/NHK)
「ポンキッキーズ」レギュラー司会(’93~’94/CX)
「こども絵本」(NHK)
「ミッドナイトジャーナル」準レギュラーコメンテーター(’92NHK)
「わたしのとっておき」準レギュラー(‘95/NHK)
「妻が語る思い出の作家達」司会(‘94/NHKBS)
「わたしが子どもだったころ」(’09.6月/NHK) 母親
「課外授業 ようこそ先輩」(’09.3月/NHK)
「ミューズの晩餐」(’09.3月/テレビ東京)
「遠くへ行きたい」('04/読売テレビ)
「スミスの本棚」(’12テレビ東京) 他

(トークゲスト)
徹子の部屋
生活ほっとモーニング
ブロードキャスター
笑っていいとも
女神の天秤
さんま大御殿
他多数

(ドラマ)
「帰ってきた時効警察」弟9話(‘07テレビ朝日)
「少年たち2」('01/NHK)「ナオミ」('99/CX/レギュラー)
「team」('99/CX)、
「主に泣いてます」(‘12/CX/レギュラー)
「わたしが子どもだったころ」(’09.6月/NHK-BS) 母親、
「大西鐵之祐物語」(’95)
「おそろし 三島屋変調百物語事始」(’14/NHKBSプレミアム時代劇)主人公の母親
「シャーロックホームズ」三谷幸喜脚本人形劇(‘14〜15/NHK) 

(ナレーション)  
「身毒丸と呼ばれた少年」藤原竜也初ロンドン公演メイキング(‘98/CX)
「孫文を支えた日本人-辛亥革命と梅屋庄吉-」(‘10/NHKBS)
「内なる聖地-写真家・井津建郎の北インド巡礼(‘12/CS)
 他ドキュメンタリーナレーション多数

【ラジオ】

TBS「全国こども電話相談室」レギュラー回答者
「ENEOS ON THE DAY COMEDY 道草」出演
シナリオレギュラー執筆 (TOKYO FM他38局)
「すっぴん」ゲスト出演(’13NHK)
「大沢悠里のゆうゆうワイド」ゲスト出演(‘13TBS)

【映画】

「バンクバー朝日」(2014/石井裕也監督)
「救いたい」(2014/神山征二郎監督)
「きっと、来るさ」(93/市川準監督)萩本欽一シネマジャッック
「ぼくは勉強ができない」('99/山田詠美作、山本泰彦監督) 母親役

【音楽活動】

CDアルバム:「おいしい時間のつくり方」(東芝EMI)
       「After You've Gone」(キックアップ)
シングルCD:「うちのパパとママとボク」(ポニーキャニオン)

【ライブ活動】

「高泉淳子@CAYジャジカルホット倶楽部」青山スパイラルCAY (‘12〜13隔月レギュラー)
「高泉淳子with ROLLYカメレオンジャジカルライブ」六本木STBスゥイートベイジル(08〜)
「きまぐれJAZZ倶楽部」(‘92~)
「アンゴスチュラビターズな君へ-恋と料理の体感ライブリーディング」(‘09〜青山スパイラルCAY/兵庫県立文化センター/2015東京文化会館)
「アラカルトスペシャルライブ」(‘14 3月)大阪近鉄アート館

クラブクアトロ/銀座Swing City/渋谷セルリアンホテルJZ/モーションブルー横浜/名古屋ブルーノート、他

【CM】

「マジックリン」(花王)
「HONDA耕うん機」(HONDA)
「REGZA」(東芝)
「オイリオギフト」(日清オイリオ)
「乾太くん」(東京ガス)
「アテント」(P&G)
「ローソン」ナレーション

他多数

高泉淳子 プロフィール

高泉淳子プロフィール




高泉淳子プロフィール

たかいずみ あつこ
AKAIZUMI ATSUKO
役者・劇作家・演出家
宮城県大崎市出身
→高泉淳子プロフィール詳細へ